JOURNAL

Pierre Guariche

Pierre Guariche

ピエール・ガーリッシュ(1926 - 1995)

フランス・パリ生まれ。

パリ国立高等美術学校にて、ルネ・ガブリエルのもとで学んだのちに、マルセル・ガスコアンのアトリエに入所。

1951年に自身の事務所を設立すると、間も無く、Airborne社、Galerie Mai社、Steiner社、Les Huchers Minvielles社、Meurop社、さらにはDisderot社といったいくつもの企業と共に多数の作品を世に送り出します。

Steiner社から発表された「トノー・チェア」は、ガーリッシュが残した中でももっともアイコニックな椅子のひとつでしょう。1953年にプラスチックとアルミニウム製のものが発売され、翌年にプライウッド製のものが発売されましたが、フランスで初めて成型合板を用いて製品化された椅子としてよく知られています。

戦後の木材や金属を自由に使うことができなかった時代、常に新しい素材への探究心を絶やさなかったガーリッシュは、1954年にミッシェル・モルティエ、ジョセフ・アンドレ・モットと共にARP(=Plastic Research Workshop)を立ち上げ、ファイバーグラスやプラスチックなどの新素材を用い、モダンで手頃な価格の家具を手がけました。

1965年には、ル・コルビュジエが手がけたフィルミニの文化会館のインテリアを担当。また、サヴォア地方にあるラ・プラーニュのスキーリゾートなども手がけています。

フランスで「栄光の30年」と呼ばれる戦後の経済成長期にガーリッシュが生み出した機能的でありながらも、エレガントで有機的なフォルムの家具は、現代においても色あせることのない存在感を放ちます。

 

ガーリッシュの作品は、現在下記のものがご案内可能です。

Pierre Guariche ≪VOLANTE≫ Table for Steiner, 1950s

"Conseil" Chair by Pierre Guariche for Meurop

Dining Chair for Meurop by Pierre Guariche